FC2ブログ
コンテントヘッダー

当院の秋冬の診療体制について

当院では、現在、下記の通り診療しております。

①お熱のある方について

当院では、発熱されている患者様の診察・検査に関しては、
時間予約・および診察・待機の動線を分けて、
時間・空間的配慮を行っております。
そのため、診察できる人数に大きな制限がございます。
限られたお時間の中で診察を行うため、
本年の発熱外来は当院にかかりつけの方を優先して
診療させて頂きますことを、ご了承お願い申し上げます。

ご来院の仕方ですが、

小児科:お熱のある方の予約を時間予約にて行っています。
     お熱のある方 の予約ボタンよりご予約下さい。
内科:お熱のある方は事前に当院までお電話を御願い致します。

どちらも、医院に到着されましたら、別の入り口より専用の場所へ
ご案内しております。
待合室には入らず、スタッフの指示に従ってください。

②院内の感染対策について

上記の通り、患者様の動線分け以外に、
定期的な換気や消毒を継続しております。
また、スタッフはマスクやフェイスシールド、手袋などの
感染防止策を取っております。
院内が冬になると換気により寒さを感じるかもしれませんが、
どうぞご理解いただきたく存じます。

③各種迅速検査について

インフルエンザウイルス検査も含め、昨年までと同様には行えませんが、
医師の指示により必要に応じて判断しております。


上記に関しまして、ご来院される皆様のご理解と御協力を
御願い申し上げます。
コンテントヘッダー

2020年の秋冬の発熱外来について

新型コロナウイルスの感染の再拡大を受け、今年の秋冬は
発熱外来に非常に大きな制限がございます。

当院では、発熱されている患者様の診察・検査に関しては、
時間予約・および診察・待機の動線を分けて、
時間・空間的配慮を行っております。
そのため、診察できる人数に大きな制限がございます。
限られたお時間の中で診察を行うため、
本年の発熱外来は当院にかかりつけの方を優先して
診療させて頂きますことを、ご了承お願い申し上げます。


初診の方や、普段ほかにかかりつけをお持ちの方、
通院がしばらくなかった方に関しましては、
これまでの病歴・投薬歴をきちんと確認する作業が必要ですが、
本年の限られた発熱対応の中では、その対応を行うことが難しいと
判断いたしました。

当院に普段から受診されていらっしゃる方で、発熱での受診の際には、
内科の方は、一度医院までまずお電話を入れてください。
来院のお時間をお伝えいたします。
小児科の方は、いつもの予約システムから、お熱のある方の予約ボタンで
ご予約を入れてください。
(現在お熱がなくても、24時間以内に平熱を超える発熱が
あった方は、発熱外来をご予約下さい。)
診察・検査場所は、一般の待合室とは別の場所にご案内致しますが、
時期や天候によっては寒いので、アウターなどを着用してご来院下さい。

また、インフルエンザなどのウイルス検査に関しても、例年通りに検査を
行うことが難しくなっております。
年齢や状況に応じての検査の有無のご提案をさせていただきます。
ウイルス検査を行う場合には、こちらからお時間を指定して、再度のご来院を
お願いすることがございます。どうぞご理解いただければ幸いです。

2次救急病院とは違い、限られた人員・空間の中で個人のクリニックが
発熱対応を行うことは、とても困難な年となりました。
制限を受けながらどのように当院の役割を果たすのか、
長らく話し合いを重ねての結論です。
本来ならば頼ってくださるすべての方に診療を提供したい気持ちは
ございますが、現在の状況を熟考し、このような判断となりました。

新型コロナウイルスをふくめ、地域での感染症の状況により、
当院での対応に変化が出た際には、こちらよりお知らせいたします。

どうぞご了承ください。


コンテントヘッダー

検温にご協力お願いいたします。

現在、事前にご連絡を頂いた発熱者の方には、
別の出入り口、そのまま別動線の診察スペースへ
ご案内させていただいております。
また、発熱があるかどうか確認の必要な予約内容の方には、
事前にお電話を入れさせていただいております。

しかし、発熱に気づかぬまま通常の待合室を
ご利用になることを可能な限り避けるべく、
医院の出入り口に非接触体温測定器を設置いたしました。

定期薬でのご来院の場合でも、どうぞ院内へお入りになる前に
検温のご協力をお願いいたします。
検温後お熱をスタッフへお伝え頂ければ幸いです。
また、測定した結果37.0℃以上のお熱が表示された場合は、
院内にお入りにならずに、そのまま医院へお電話連絡を
お願い申し上げます(TEL)0476-28-2256)
その際は発熱されている方と同じ対応にて診察へご案内致します。

自分はお熱がないはずだ、と思われましても、
ご自身と、周りの方、そして医療スタッフへの感染防止のために、
どうぞ検温へのご協力をお願い申し上げます。
コンテントヘッダー

新しい生活様式における熱中症対策のポイント

梅雨入りの季節で、蒸し暑い日々が続いていますね。

この夏はマスク装着、換気をしながらの暑さ対策で、
非常に難しい対応が続きます。

厚生労働省より
新しい生活様式における熱中症対策のポイント
が公開されております。


コンテントヘッダー

子どもたちのお熱の相談どうぞ受診してください

今日から、学校や園もはじまりますね。
不安はもちろん残りますが、それでもうがいや手洗いなど
出来ることをしながら、一歩ずつ進んでいきたいですね。

集団生活の再開にともない、
「これからお風邪の症状やお熱が出た時に、
どこに相談して受診したらよいですか?」
というご質問を頂くことが増えました。
たしかに、症状がある時に受診していいのか、
よくわからなくなってしまっているかもしれませんね。

もしお咳やお鼻、お熱の症状がでてしまったときは、
どうぞまずかかりつけ医にご相談ください。
お熱がある方の受診は、前もってお電話頂ければ、
お時間などをお約束したり、お車での待機なども
状況によりご相談しながら対応いたします。
診察し、もしPCR検査などが必要と判断した場合には、
かかりつけ医より今後の受診先・受診の仕方をお伝えし、
紹介状を発行いたします。
ただし、すでに家族や身近な人に新型コロナウイルスに
感染している人がいて、接触している場合は、
帰国者・接触者相談センターへまずご相談ください。

かかりつけ医は、皆さまのこれまでの経過を
把握しております。
「熱があっても4日我慢しなくてはいけない」
「熱があって受診したら迷惑がかかる」
と思い受診をためらう必要はありません。
医院のスタッフも、当院が果たす役割はどこにあるのか、
日々手探りで考えながらではありますが、
自分たちにできることをいつも考えながら
診療しています。

不安なことがありましたら、どうぞご相談ください。

プロフィール

小田内科

Author:小田内科
ようこそ 小田内科医院のほっとカフェブログへ。

小田内科医院からのお知らせ・最新情報などをお伝えしています。

医院のホームページとあわせて、どうぞご覧になって下さいね。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード