FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

麻疹の発生が続いております

麻疹が千葉県内でも発生しております。
千葉県内の麻疹発生状況はこちらをご参照ください。

麻疹の感染を防ぐためには、計2回の予防接種が重要です。
(現在は1歳で定期接種1回目、小学校就学前に定期接種2回目が行われています。)
母子手帳にて2回の接種歴のない方や1回接種のみの方、
予防接種歴も罹患歴もない方、
生後6か月~11か月までの乳児で接種歴がなく接種を希望される方、
は、現在比較的ワクチンの在庫がございますので、お早めにご予約下さいませ。

定期接種はご年齢により受けた回数が異なります。下記ご参考下さい。

《平成2年(1990年)4月2日以降に生まれた人》
平成2年4月2日以降に生まれた人は、2回接種の制度が導入された対象の年齢であり、
予定通りに受けていれば2回、麻疹のワクチン定期接種を受けているはずです。

《昭和53年(1978年)から平成2年(1990年)4月1日生まれの人》
昭和53年(1978年)からは義務接種となりました。
予定通りに受けていれば1回は麻疹のワクチン定期接種を受けているはずです。

《昭和53年(1978年)以前に生まれた人》
定期接種でワクチンを接種する機会はありませんでした。
しかし、過去に自然感染して発症したか、気付かない程度の軽症を経験し、
すでに免疫を持っている方もいらっしゃいます。
ご家族などに罹患歴をご確認ください。

麻疹は非常に感染力が強く、また重症化しやすいウイルスです。
感染を防ぐには予防接種が非常に重要です。
しかし、報道などで麻疹の流行のニュースが続くと、ワクチンの入荷が
すぐに不安定となります。これまで何度か出荷制限により、入荷できないことが
ございました。
比較的の供給の安定している時期に、どうぞ接種を御検討くださいませ。

なお、再び出荷制限がかかってしまった際には、定期接種の方を
優先しての御案内となりますことをどうぞご了承ください。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

夏季休診日のお知らせ

8月8日(水曜日)~15日(水曜日)まで夏季休診となります。
定期薬などがある方はどうぞお気を付けくださいませ。
コンテントヘッダー

スギ舌下免疫療法シダキュア錠発売のお知らせ

スギ舌下免疫療法の新薬であるシダキュア錠が
発売されました。
スギ花粉症の根本治療としては、これまで皮下免疫療法が
主流でしたが、シダトレンという舌下免疫療法が発売になり、
免疫療法の歴史が大きく変わりました。
今回新発売となるシダキュアは、これまでの液体から錠剤タイプに
なり、保管がしやすくなりました。
またシダトレンと比較し維持量が2000JAUから5000JAUになりました。

治療可能な年齢の下限がありませんが、当院では
舌下に1分お薬を保持できる年齢を考慮し、5歳以上の方で
スギ花粉症があることを血液検査などで確定診断できている方に
治療を御案内しております。

治療期間は3年間以上が推奨されております。
1日1回、1分間舌下にお薬を保持し、飲み込む治療です。
スギ花粉の飛散していない時期に開始しますので、
夏から秋にかけてが治療開始の時期となります。

シダキュア錠は新薬となりますので、2019年の夏までは、
最大で2週間の処方となります。

スギ花粉症の治療についてご相談されたい方は、
当院の小児科・アレルギー科担当の小田優子医師の外来に
一度ご受診の上ご相談ください。

また、スギだけでなくダニの舌下免疫療法もございます。
こちらをご検討中の方もどうぞ一度受診の上ご相談ください。
コンテントヘッダー

麻疹風疹ワクチンの成人の方への接種再開について

麻疹の流行に伴う全国的な出荷調整の影響で、
当院でも麻疹風疹ワクチンの成人の方への接種を
お休みしておりましたが、7/5より成人の方への接種を
再開致しました。

麻疹はまだ国内でも時折流行がみられており、
そういった報道が続きますと、再びワクチンの入荷が
不安定となることが予測されます。
麻疹風疹のワクチンをお受けになったことのない方や、
抗体検査で抗体が低下していることが分かった方、
麻疹風疹に罹患した既往がなく、ワクチン接種歴も不明の方、
過去に一度接種したのみの方、
など、ワクチンの接種を御希望されている方は、
ワクチンの流通が比較的安定しているときに、接種をどうぞ
ご検討くださいませ。
(7/5現在は、ネット予約が可能です)

なお、女性の方は、接種後2か月は避妊が必要となりますので、
お気を付けください。
コンテントヘッダー

6月28日(木曜日)の乳児健診について

6月28日(木曜日)は、小児科担当の小田優子医師が、
成田市の3歳児健診の担当になり、急きょ出張となりましたので、

①乳児健診は院長先生が担当致します。
②小児科の午後の外来はネット予約ができなくなります。
医師が市の健診が終わり次第外来開始いたしますが、
開始のお時間を明記はできないため、診察希望される方は
15時から16時半までの間に直接ご来院下さい。
プロフィール

小田内科

Author:小田内科
ようこそ 小田内科医院のほっとカフェブログへ。

小田内科医院からのお知らせ・最新情報などをお伝えしています。

医院のホームページとあわせて、どうぞご覧になって下さいね。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。